扁平足をセルフチェック‼

疲れやすい、足がだるい、土踏まずからくるぶしあたりに痛みを感じる…様々な症状や理由から「自分は扁平足かも…」と心配にしている方も多いのでは?

そんな方は、とっても簡単で明確な「扁平足のセルフチェック」を試してみましょう。

 

扁平足とは

足の土踏まずが無い、ベタっと足の裏全体が地に接している状態を「扁平足(へんぺいそく)」と呼ぶのは皆さんご存じの通りです。運動不足や加齢による足裏の腱の衰え、体重の増加による負荷の増大によることなどが原因で、土踏まずが潰れ、足裏が平らになった状態に。

足が受け止める体重を上手く分散することができないため、激しい運動をする方の中には痛みとして症状を訴えることも多く見受けられますが、一般的には足が疲れる・疲れやすい、足がだるい・重い、などと感じることがある程度で、扁平足=足の疾病と言うほどのトラブルに至ることはほとんどありません。

但し、扁平足は症状が悪化するにつれ、足の親指がくの字に曲がってしまう外反母趾や、足裏に強い痛みを感じる足底腱膜炎(=足底筋膜炎)を引き起こしてしまう可能性が高く、できるだけ早い段階から対処した方が良いのは間違いありません。

扁平足について詳しくは「扁平足が引き起こす身体の不調」を参照ください。

 

自身で扁平足かどうかを測る方法

さて、本題の、自分自身の扁平足を専用機器を用いずにチェックする方法です。
用意するのは①紙(A4位)、②定規(何でも可、30cm長と三角定規があればベスト)、③ペン(ボールペン、サインペンなど)だけです。 

扁平足をセルフチェック
1. 足の長さを測る

紙の両端を用い、片足ずつ足の長さを測ります。

足サイズの測り方(簡易)
足サイズの測り方(簡易)
  1. 紙を壁際にピッタリ寄せて敷きます。
  2. 壁にかかとが付くように、また、かかとの中心が紙の右または左端になるように足を置いて立ちます。
  3. 人差し指の中心を紙の右または左端に沿うように調整します。(2.と3.は狙いを定めて同時に足を置くほうが簡単かもね)
  4. 親指、または人差し指のいずれか長い方の先端に棒線を
  5. 紙の端から棒線までの長さを測ります。

紙のズレ、棒線の引き方などで誤差は出ますが、扁平足のセルフチェックに於いては、その程度の誤差は大同小異。神経質に正確に測ろうと思う必要はありません。

 

扁平足をセルフチェック
2. 舟状骨の高さを測る

足の内側、くるぶしから僅かに前寄り、土踏まずの上あたりを手指で触りながら探ると、小豆大の骨の突起(舟状骨(しゅうじょうこつ))があるのが判ります。

扁平足をセルフチェック
扁平足をセルフチェック
  1. 小豆大の骨の突起を確認したら、頂点あたりに出来るだけ小さく印を付けます(おおよそ画像の赤印あたりです)。
  2. 立って床から印までの高さを測ります。この時、足はできるだけ床に対して垂直(前後や左右に傾かない)ように。
  3. 三角定規を用いる必要はありませんが、あれば多少正確です。

自身で計測するためには屈まなくてはならず、不正確になりがちなので、面倒くさがらずに姿勢を変えるなどして数回測って平均値を出す、または以下の判定を、最小値と最大値を用いて2回計算する方法も良いかも知れません。

 

扁平足をセルフチェック
3. 計算値を基準と比較する

「足の長さ」と「舟状骨の高さ」が測定できたら、あとは下記の2ツの判定方式のいずれか、または両方で「自身の足が扁平足なのかどうか」を判定します。
扁平足は「片足だけ」のことも多々、落ち着いて左右両足の計算をしてみましょう。

 

扁平足率(Navicular index)から判定する

足の長さ ÷ 舟状骨の高さ = 判定値

判定値が「6.7407」を上回れば、あなたは扁平足です。逆に下回れば正常な状態です。
例えば、足の長さが24.5cmで、舟状骨の高さが3.5cmだったとしすると、判定値は7.0となり、扁平足であると言えます。

資料
日本理学療法士学会「正常足と扁平足を区別するためのNavicular Index
北海道メディカルスポーツ専門学校論文「扁平足の形態的特徴~新しい指標

 

アーチ高率から判定する

舟状骨の高さ ÷ 足の長さ × 100 = 判定値

判定値が「13%」を下回れば、あなたは扁平足です。逆に上回れば正常な状態と言えます。
例えば、先の例と同じく、舟状骨の高さが3.5cmで、足の長さが24.5cmだったとしすると、判定値は14.29となり、正常な状態と言えます。

但し、10.7%でも正常とする説など、この判定方法の基準にはいくつかの説があります。

資料
弘前大学大学院保健学研究科「健常者における足アーチ高の標準値の確立に関する研究
理学療法科学「アーチ高率の違いによる内外側方向における足圧中心位置の検討

  

同じ条件、足の長さが24.5cmで、舟状骨の高さが3.5cmだったとしても、判定方法によって結果が異なります。また、測定値自体も正確なものではありませんので、判定基準から大きく外れていなければ「扁平足気味」程度と思ってよいでしょう。

さらには「舟状骨の高さは3cm以上あれば健常」という多少乱暴な説もあるにはありますし…

 

正確なチェックは専門店で

先に記したように、強い痛みや化膿などを伴うようなことの無い扁平足ですから、病院を訪れたところで「あぁ、扁平足だね…」で診断は大抵終わり。大抵の医師はどの程度なのか、心配ないのかどうかすらテキトーな感じで答えます。だって、扁平足だけならコレと言って治療の必要は無いんですもの。

当店のようなインソール専門店では、セルフチェックとは異なる方法・専用の機器を用い、現状が扁平足なのか否かはもちろん、上記の数値による判断では分からない「隠れ扁平足」も判定できます。

度合いはどうなのか、将来的にはどうなのか。扁平足になってしまった原因を見立て、改善策などの提案もいたします。
ご相談、計測~改善策などの提案は無料です。セルフチェックで心配になった方は、どうぞお気軽にご来店ください♪

お気軽にお問い合わせください。052-228-961210:00-18:00 [ 火曜、第1・2・3水曜定休 ]

お問合せ・ご来店予約 前日までのご来店予約で500円割引♪