外反母趾の痛みを改善・原因は靴と歩き方

合わない靴が原因で、足の親指が小指側にくの字に変形してしまう外反母趾

痛くて歩くのが辛くなったり、痛みを庇うことで姿勢が悪くなって肩こりや腰痛につながったりすることも。

外反母趾がきっかけで身体のバランスが崩れ様々な不調が現れる前に、最適な靴とインソールで対処しましょう。

 

外反母趾の原因は合っていない靴

外反母趾は足の親指が小指側にくの字変形する状態、主な原因は合わない靴
外反母趾は足の親指が小指側にくの字変形する状態、主な原因は合っていない靴

外反母趾は、足の指と足の裏をしっかり使えていないことで、足の形を支えている筋肉や腱が低下してしまい、足が変形しやすくなることが原因で起こります。

外反母趾が圧倒的に女性に多く見らるのは、女性は男性に比べて骨が細く関節が柔らかいことや、筋力が弱いことなどが要因で、外反母趾を患う多くの方が足裏アーチが低い扁平足や、前足の横幅が広がってしまう開張足といった疾患を併発しています。

また、細くなった靴の先部分に体重が集中してしまうハイヒールは、外反母趾を引き起こす大きな要因であることはご存じの通りですが、歩き方の癖や足に合っていない靴、日常生活で歩くという行為が減っていることも外反母趾を助長しています。

 

外反母趾が進行すると

足の親指の付け根が大きく変形し骨が突き出てた状態なため、外反母趾が進行すればするほど靴の中で擦れて激しい痛みや痺れを感じるようになります。また、突き出た骨の周辺が腫れたりタコができることもあります。

また、変形により歩く時に親指で蹴り返すことが出来なくなっているため、他の指に力が入ることで足裏の人差し指の付け根や小指の付け根あたりにタコが出来ることも多く見られます。

さらに親指が人差し指や中指の下へ入り込むようほどに外反母趾が進行すると、それらの指の付け根にある関節が背側に脱臼してしまうこともあります。また、親指が捻じれながらくの字に曲がるため、体重の負荷は爪の側面に加わることとなり、親指の爪は次第に巻き爪となってしまいます。

これらの症状は足底のアーチが崩れてしまうことで起こります。痛みを和らげたいからと歩き方が無意識に変わってしまう、歩く機会が少なくなることで足の筋力はさらに低下、足底のアーチの崩れも進行して扁平足になります

扁平足になるとさらに身体を支える足の負担が増えてしまうため、足の親指の付け根の変形はさらに悪化、身体の姿勢が崩れ、歩く際に身体がふらつきくようになります。

 

外反母趾の予防と対策

靴による影響が大きいのでハイヒールなどの踵が高く先の細い靴をあまり履かないこと、普段履く靴も縦横のサイズの合った正しい靴を選ぶことが大切です。

裸足で歩くことや、タオルやゴムひもを用いた運動を行うことなども足の筋力を鍛える効果がありますが、こうした運動療法は軽症の段階でのみ有効で、ある程度進んだ外反母趾の場合にはかえって悪影響を与えることになりますので注意が必要です。

 

外反母趾の治療(保存療法)

外反母趾を伴う足の殆んどは、足裏のアーチが低下した扁平足や横幅の広い開張足となっています。このアーチ構造の崩れが外反母趾の最大の原因で、整形外科医などでの治療の場合に有効で多く用いられる治療法が足底板(アーチサポート)を用いた治療法(保存療法)です。

インソール(中敷き)を靴の中に挿入することにより、足裏の崩れたアーチを持ち上げることで正常な形に近づけてやることで、以下のような効果が期待できます。

インソールの使用で期待できる効果

  • 外反母趾などの足の変形の進行予防
  • 痛みや痺れ、タコなど、アーチの潰れが原因となる症状の改善
  • 歩き易く、疲れ難くなるといった歩行・姿勢の改善
  • 外反母趾の角度やアーチの矯正

但し、足の裏は人それぞれ皆違った形をしていますから、装着するアーチサポートは市販のインソールではなく、それぞれの足に合わせたオリジナルなものでなければ効果は期待薄。

 

最適な靴とインソールで外反母趾を改善

当店は正確な計測に基づいて成型、上記の効果を最大限に得ることができるように足のアーチをサポートする、熱成型でそれぞれの足形にピッタリ合わせた立体形状のオーダーメイドインソールの専門店。

外反母趾にお悩みの方は是非一度ご来店ください。じっくり時間をかけてお悩み解消のお手伝いをいたします。

日常の足や靴の悩みを解決!

改善を期待できる足や靴の悩み・症状

お気軽にお問い合わせください。052-228-961210:00-18:00 [ 火曜、第1・2・3水曜定休 ]

お問合せ・ご来店予約 前日までのご来店予約で500円割引♪